格安SIM,DMMモバイルを選んだ理由とは?速度の違いは実感できる?

Top / 高速回線時と低速回線時,このスピード差は実感できるの?


高速回線時と低速回線時 このスピード差は実感できるの?

 10Mbps(高速回線時)と0.2Mbps(低速回線時)
このスピードの「差」は、はたして実際にはどう感じるのでしょうか?
私は2年程DTIの低速回線SIMカードを使用していました。
この低速SIMでのスピードは大体0.2~0.3Mbpsでした。
このスピードでネット検索(テキスト)やLINEの使用にはストレスは感じませんでした。


DMMを使いはじめた頃はずっと「高速回線」でネット検索をしていましたが
以前のDTI(低速時)使用感を比べてみても
ネット検索時のスピードの違いによる「差」はあまり感じませんでした。

以前(低速時)と比べてメッチャ検索スピードがあがった!とはあまり感じませんでした。
(ただ2台ならべてスピードテストをするとやはり多少の「差」はありましたが・・・
詳しくは「DMMモバイルvsDTI」をご覧ください)

現在使用中のDMMモバイルはアプリで高速回線と低速回線の切り替えができます。
そこで私は普段「節約の為」低速回線で主に使用しています。

低速回線でネット検索してもほとんどストレスは感じません。
特にDMMは低速回線時でも「バースト機能」があるので、ネット検索などは(高速回線時と比べても)スピード感の差は感じないのかもしれません。
動画を見たり、アプリのダウンロード、ナビ機能での最初の位置確認等の際だけ
高速回線につないでいます。
これで1ヶ月の通信量がかなり違います。


最終的にDMMモバイルを選んだ理由は

  1. 業界最安値宣言(1ヶ月1GBならば、ほぼワンコイン590円)
  2. DMMという会社は以前から証券会社としていたので安心感があった
  3. ネットスピードは平均で10~15Mbpsあれば充分
    (よくネットの広告にある「150MbpsのNTT回線利用!」ですが絶対に150Mbpsなど出ません!)

このような理由でDMMモバイルを最終的に選びました。(DTIからの引っ越し)




QLOOKアクセス解析